八方ヶ岳(やほうがたけ)~尾根歩き

d0102968_6485280.jpg 八方ヶ岳は八方どこから見ても同じ山容をしている
と、言う事でのでこの名前がついたのだそうです。

その山へ12月1日連れて行って頂きました。

地元の方に愛された山、校歌にも歌われてる
月1回程度の登山の私には最適、張り切って(^-^)

登山口に着いたのは8時半頃
右手に沢を見ながら樹林帯をテクテク
その沢、小さな滝がなんとも素敵でした。


d0102968_6574253.jpg
お祭りしてあった祠


d0102968_7415810.jpgd0102968_7114419.jpg着きました。

愛されてる山です。
沢山の方がおいででした。

見上げると青空、でも遠くに見える山々はほんわり幻想的



どんなに美しい青空だったか、何処でも見るよな・・・ですが、1052M山頂で撮影した写真です。
d0102968_7214753.jpg



d0102968_7243515.jpg
そのまま登山口、では物足りないと言う事で尾根歩きにチャレンジとなりました。

班蛇口まで17キロとの文字、私には想像皆無

一人で下山は出来ないし、好奇心は一人前

頑張るぞ!でした。


タグで縮小しています。クリックすると拡大します。

d0102968_7332985.jpgd0102968_7354627.jpg
このあたりまでは元気一杯!でしたが、なにせ月1回登山するかしないかの私、パワーが・・・(→o←)ゞあちゃー

八方ヶ岳始めてのお山でした。初心者登山には最適、梯子にロープなど冒険心も一寸叶えてくれるし
でも尾根歩きは登ったり下ったりが10回もやってきたのでした。6回目のピーク済んだ頃には限界がそこまで

まぁ情けない、前回に続き又帰り遅らせる事になりそうと、「頑張れ!桜、もう少し!」
叱咤激励すれど無我夢中でついて行くだけで精一杯、連れて行ってくださったお二人にまたもや申し訳ない事に
八方ヶ岳は県内、それに高くもなし、なーんて尾根歩きある事想像もせず、甘く見ていた罰だと大反省

帰宅後夕食とったまでは覚えているけれど、何時の間にか炬燵で爆睡、入浴もせずバタンキュー
9月天主山、10月三俣三峰登山、足がつりそうになって漢方薬68を飲んだのですが、今回はいらなかった
進歩、それとも・・・



にほんブログ村 写真ブログへ ← クリックありがとうございます。

by sakura6012 | 2015-12-05 08:12 | 野の花.山の花 12月 | Comments(14)
Commented by rindou02 at 2015-12-05 09:16
おはようございます。
八方ヶ岳は地元に愛される山だとか。
尾根歩き、やはり!楽しかったですねえ。
Mさんに感謝です。
昨日、iphoneに入れたGPSアプリを試したくて
阿蘇烏帽子をうろうろしてきました。
12時に登り始めたし、誰にも会いませんでしたが
霧氷、樹氷が見れました。突風で毛糸のキャップが2回くらい
飛びました( ;∀;)
Commented by asogasuki at 2015-12-05 20:46
お疲れさまでした
僕が最後に登ったのは30年くらい前、祖母さんが最後です
それ以前は奥多摩の峰にほとんど毎週登っていました
つらいおもいをして山頂にたどり着いたときの達成感は登って初めてわかりますよね


Commented by sakura6012 at 2015-12-05 21:19
リンドウさんこんばんは。
月に十数回登山なさる体力と、月一登山の私の体力の差、歴然でした。
Mさん、10回もピークが来るとは思ってなかったそうです。
登ってこその体験させて頂きました。
サポートタイツいいよな悪いよなでした(^^ゞ

霧氷、樹氷さぞや綺麗だった事しょう(^-^)ニコ
Commented by sakura6012 at 2015-12-05 21:24
asogasukiさん登山なさってたんですね。
私は始めたのが遅く、そのうえ多くても月1回なので体力が足りません。
でも山のお花に出会いたくて諦めきれないでいます。
Commented by aaahtz at 2015-12-06 06:19
すばらしい青空 下界では味わえない風景ですね~
リーダーのkさんやRさんに連れて行ってもらったお山 
楽しかったなぁ
私も行きたいけれど膝も体力も自信なし
立田山の散策も一歩躊躇しています
頑張るぞの気合だけではついていけないし(*^^)/
行けるときはうんと楽しんで下さいね\(^o^)/✤

Commented by sakura6012 at 2015-12-06 08:47
よく思い出します。ほんと楽しかったですね。
時々御幸会の過去写真見てますけど、それぞれに思い出が残っていて懐かしさが込みあげます。
立田山、夫に連れて行ってと言うけれどいまだ実現しない
アシスト自転車買えばよかったと思うけど、方向音痴だから辿りつけないと思う
近くて遠いお山です(→o←)ゞあちゃーだなー、やっぱり
Commented by iwa1iwa2 at 2015-12-06 11:24
頑張りましたね(パチパチ)
矢谷から登って、下山途中から右折して班蛇口まで下って
また登りかえしたのかな? かなりのロングコースですね。
班蛇口・上虎口(かみこく)読み方も地名なので難解だし、
あまり使われてないルートだったし、チャンスがあれば再
度行ってみたくなりました。
蛇の文字に無条件に反射しますが、これからの季節はもう
いないでしょうからね。
Commented by micro43 at 2015-12-06 11:45
菊池渓谷には2002年11月に行っていました
HPで確認しましたから間違いないと思います
あの頃は元気でした。
Commented by ichigo19t at 2015-12-08 10:54
桜さん こんにちわ。
久しぶりにパソコンを開いています。
元気な母の認知はこんな症状も有るのかと思います。
どうすれば?~~漠然と書いても解りませんよね(__)

桜さん 登山きつかったでしょうね、でも頑張ったでは
有りませんか \(-o-)/です。
今度は雪山に連れて行ってくれるでしょうね。
羨ましいです。
きつくても写真はとても綺麗に撮れていますよ。
Commented by sakura6012 at 2015-12-08 15:02
アイブチさん、私には途轍も長く感じました。
八方ヶ岳後の尾根歩き、下りたかと思うと目の前に又山、それを10回も繰り返すのは初体験でした。
その何倍もの難易度の山を繰り返し登っておいでとの事、アイブチさん、リンドウさん尊敬するばかりです。
Commented by sakura6012 at 2015-12-08 15:05
microさん菊池渓谷訪ねていらしたのですね。
今年の紅葉は今一だったそうですが、来春には夫せかして連れて行って貰おうと思います。
結婚後まもなく弟と3人でバスでトレッキングに行ったのですが、夫が連れていってくれ無い時はバスもいいかな
ただ方向音痴だから元のバス停に戻れないかも(^^ゞ
Commented by sakura6012 at 2015-12-08 15:14
いちごさん、無理せず頑張ってくださいねってしか言えない私で・・・

八方ヶ岳後の尾根歩き、6回目頃又目の前にそびえる山(それほどではなかったのでしょうけど)に目の前くらっ
でもお二人の気配り一杯のサポートのお蔭で、無事登山口へ戻る事が出来ました。
いい登ってこその体験させて頂いて感謝一杯です(^-^)ニコ
Commented by bukkin at 2015-12-14 00:01
桜さんの山歩き、びっくりしました。
私は山だけは苦手です。人は何で山に登るのか不思議です。そこに山があるからということですが信じられません。
Commented by sakura6012 at 2015-12-15 07:13
里山程度の山は連れあいとよく行ってたんですが、登山と言えるのは月一回程度
登る時は今回で・・・って思う事もあるのですが、山の花に会える!っと思うとやっぱり又登りたくなるんです。
登ってこそ見られる花達の魅力絶大で(^-^)ニコ
名前
URL
削除用パスワード


人生楽しく、野の花、山の花、町の花、会った花達に心寄せて


by sakura6012

プロフィールを見る

メモ帳

☆クリックしてお訪ね下さい

 

最新のコメント

ロンがいる時何度か散歩に..
by sakura6012 at 08:05
ススキが 紅葉が 風景が..
by aaahtz at 07:23
microさん、道沿いは..
by sakura6012 at 22:25

カテゴリ-(目次)
最新記事・全体

野の花.庭の花
野.山.庭の花達 1月
野.山.庭の花達 2月
野.山.庭の花達 3月
野.山.庭の花達 4月
野.山.庭の花達 5月
野.山.庭の花達 6月
野.山.庭の花達 7月
野.山.庭の花達 8月
野.山.庭の花達 9月
野.山.庭の花達 10月
野.山.庭の花達 11月
野.山.庭の花達 12月
野鳥・昆虫

仲間「遊ぼう会」

ドライブ記
国立公園天草
阿蘇久住(春~夏)
阿蘇久住(夏~秋)
阿蘇久住(秋~冬)
各地(春~夏)
各地(秋~冬)

桜、気ままに・・・
桜、俳句を学ぶ
桜・・・徒然に
ワードでイラスト
フリーソフトを楽しむ
WAデザイナー
スライドショー
平成サロンPC講座
運動しましょ!
思い出のYouTube

エキブロカスタマイズ他
タグ帳(非公開)
引き出し(非公開)
幸田用(非公開)
桜日記(非公開)